先輩社員紹介

ph1

開発部
S.T.
2016年中途入社

100円ショップ 店舗発注仕入システム など

_趣味

体を動かすこと全般(水泳を除く)、パソコン

パソコンが好きで家でプログラムを書いていたりもしますが、体を動かすことも大好きです。
土日でしっかりリフレッシュして、仕事に臨みます。

_なぜエリアに入社を決めたのか

エンジニアになろうと思ったきっかけは、大学でのプログラミングの講義でした。プログラミングに興味を持った私は、次第に勉強の傍ら、プログラミングや、自宅サーバの運用等に夢中になり、いつかは「IT業界で働きたい」と思うようになりました。専門性の高い講義が始まると、自分の興味と専門分野とのギャップに悩み、そんな中でより一層「IT業界」への思いは強くなり、「技術的な好奇心や意欲」を大切にしていただける会社に就職しようと決め、大学を中退後、東京で就職活動をしました。
お客様から直接発注していただいて、受託開発を行っている会社を探していたところ、エリアが目に止まりました。また、アルバイトとしてですが某牛丼チェーンで働いていたこともありまして、流通小売業のシステム開発は少し身近に感じていました。
他にも面接は数社程、受けましたが、エリアに決めて正解だったと思っています。

_実際に入社してから感じたこと

入社して間もなくして新人研修がはじまりました。
プログラミング言語の仕様を1から学ぶようなものを想像していましたが、答えを教えてもらえるのではなく、自分で考えたり調べたりと、「出来るようになるためのプロセス」を教えるという方法で指導していただきました。「出来るようになるためのプロセス」は大切なスキルだったと少し後になって実感しました。

_やりがいのあった仕事

まだ入社してから1年も経過していませんが、大きく2つのプロジェクトに関わらせて頂きました。
その内の1つは、実際に店舗の従業員さんが商品の発注などに利用するシステムです。そこで、クライアントサイドの開発を行いました。力不足も感じつつ、試行錯誤しながらでしたが、チームの先輩方にしっかりサポートしていただけたので、やりきることが出来ました。苦労した分、やりがいも大きく、次の開発にも活かせるスキルも習得出来ました。

_求められる資質

まだお客様と直接関わることはありませんが、「コミュニケーション能力」が大切だと日々感じています。
開発は基本的にチームで行います。チームのメンバーに自分の意見(それが多少複雑なものであったとしても)を「伝える力」が無ければ、開発を円滑にすすめることが難しいと思います。
先輩方が行っているような上流工程となるとより重要視される能力ですから、私も今のうちに訓練しておきたいです。
「技術的な好奇心」も大切です。
SEは、常に勉強が必要な職業だと思います。先輩から教えてもらえることもありますが、自分で手を動かして学んだり、本を買って勉強して身につけたスキルは、その場凌ぎのスキルと違って、生産性を高める上で重要だと感じます。

_キャリアプラン

目標は、上流工程から下流工程までこなすことが出来るエンジニアになることです。
プログラミングスキルを身に着けることはもちろん、SEの業務やお客様の業務内容についても詳しくならなければならないと思っています。先輩方のように、お客様の声をしっかり聞いた上で、こちらから提案出来るようなエンジニアになることを目指しています。

_就職活動をしている方へのメッセージ

エリアでは、設計から製造、テスト、運用まで関わることが出来るので、色んなことにチャレンジすることが出来、サポートしてくださる先輩もたくさんいます。
0からシステムを作りたいという意欲のある方には合っていると思います。

採用詳細はこちら
ページトップへ